特長・メリット

[防犯防災分野]で西日本最大級のビジネスショー

決裁権者が多数来場!

西日本エリアを中心とした自治体の防犯・防災関係者企業の危機管理部門担当者が来場します。

著名講師による専門セミナー

関連省庁・自治体、企業などによる最新動向・取組みに関する注目テーマのセミナーを多数開講。目的意識の高い来場者を誘致します。
詳細は随時HPに公開します。

国際色の強化「BCIジャパンカンファレンス」

■関西大学 社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授 河田 惠昭氏
■兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 科長 室崎 益輝氏
■英国BCI 事業継続プロフェッショナルメンバー 松井 裕一朗氏、 田代 邦幸氏
■(一社)ADI災害研究所 理事長 伊永 勉氏

※予定・順不同

海外から防災や事業継続に関わる有識者を集めた専門セミナーを開講。
専門家による相談コーナーも設置し(予定)、海外最新動向の発信のみならず、出展者のビジネスマッチングの機会を創出します。

BCIとはThe Business Continuity Instituteの略で、事業継続マネジメント(BCM)の普及啓発を推進している国際的な非営利団体。1994年に設立され、英国を本拠地として、世界100カ国以上に8,000名以上の会員を擁する。
http://www.thebci.org/

行政・自治体関係者の来場誘致を強化

新たに(一財)大阪国際経済振興センター(インテックス大阪)主催に加わり、大阪市を中心とした行政関係者への来場誘致を強化します!
大阪メトロでの中吊り広告を始め、ニュートラム、大阪シティバスでの交通広告を展開。
また自治体情報発信コーナーを開設し、来場対象である自治体関係者を会場へ誘致します。

同時併催展との相乗効果

住まい・暮らしを支える展示会との同時開催によって、3展合計60,000人以上の来場者にPRでき、ビジネス拡大のチャンスです。

ビジネス開拓をサポート〜出展者と来場者をつなぐ商談支援企画を実施します。〜

自治体関係者限定 防災製品体験会

企画協力:(一社)ADI災害研究所
日時:6月6日(木)~7日(金) 各日13:00〜17:00
会場:会場内特設エリア

災害対応に関連する地方自治体の職員を対象とし、出展者の製品 (避難所向け製品・災害対策本部関連など)を、実際に会場で体験して理解を深める場を設けます。
主な来場者は、主催者および関係団体から直接ご案内した目的意識の高い自治体防災担当者ですので、自社製品をPRする場として非常に有効です。

ビジネスマッチング

来場対象者へ事務局より直接コンタクトし、出展者との面談アポイントを申込みすることで、出展者の販路開拓を後押しします(※面談を約束するものではございません)
※詳細は、出展申込後にご案内します。

特別企画

労働環境改善フェア

パンフレットダウンロード

熱中症対策フェア

パンフレットダウンロード

情報セキュリティフェア

パンフレットダウンロード

特別企画フェアの詳細はこちら

水害対策ゾーン

出展対象:
止水板・フェンス、気象監視システム、電源・配線保護製品、土のう・水のう、型枠、各種工法、救命艇、シェルター など

防犯防災システムゾーン

出展対象:
緊急通報システム、避難誘導システム、情報発信ツール、各種アプリケーション・コンテンツ、トランシーバー、衛星電話、スピーカー・メガホン、各種通信・通報機器など

感染対策ゾーン

出展対象:
消毒除菌用品、マスク、防護服、空気清浄機、清掃用具、衛生管理用品、感染予防設備 など

要援護者の防災を考えるゾーン

出展対象:
避難・誘導用品、緊急時コミュニケーションツール など

出展者募集中

下記より出展案内・出展申込書をダウンロードの上、お申し込みください。